パラダイムシフト

パラダイムという言葉をよく聞きますね。思考の枠組みのことです。即ちどう考えるかの常識のようなものです。それがどんどん崩れてきています。

例えば、今回のコロナ禍。航空機の利用者を考えてみましょう。世界での年間利用者は昨年のデータはありませんが、恐らく40数億人でしょう。最近10年、毎年平均5%以上伸び続けてきています。これからも需要が旺盛なアジアや南アメリカを中心に平均6%以上伸び続けると言われてきました。だから、航空機会社はどんどん新機種を開発製造してきました。三菱重工MRJをリスク覚悟で開発した(開発中)わけです。それが今回のコロナ禍によって、世の中の枠組みが瓦解してしまった。まだ分からないものの、もしかすると航空需要は半減してしまうかもしれません。航空会社は投資を止め、リストラをするでしょう。私も身内に関係者がいるので心穏やかではいられません。こんなことを想像できたでしょうか。ボーイングアメリカ政府から資金援助を受ける有様です。

人の動きが一気に萎んでしまった。これによって何が起きるでしょうか? ビジネスマンにとってこのような想像力が非常に重要です。今年はコロナ禍と一緒にオイルショックが起きています。OPECとロシアの減産合意が破談になり、何とその2国以外も含めて増産に踏み込み、原油価格の暴落、恐らく関係国の経済も悪化するでしょう。例えばサウジはソフトバンクのビジョンファンドに6兆円以上投資しているわけですが、その投資熱ももはや冷めたでしょうし、いつ引き上げるか分からないし、そのようなオイルマネーリスクマネーは行き先を失うかもしれません。要するにリスクを承知で成長しそうな企業に投資をするケースが激減する(少し前からWEWORKやUBERの不調でその傾向は始まっていましたが)かもしれません。お金が動かなくなるということです。アメリカのシェールガスも先ほどの中東などの原油価格の暴落で、競争力を失い、近年リスクマネーを得てシェールビジネスを始めた企業たちは、一気に先行き不透明になるでしょう。

日本ではどうなるのでしょうか。日銀やメガバンク、更にソフバンなど大きなお金を動かしている企業の動静に注目ですね。世の経営者たちはどのような動きに出るのか? 楽観的な人はひたすらおとなしく終息を待っているかもしれません。強烈な危機感を持つ人は、先行して構造改革に踏み切るでしょう。一時帰休でお茶を濁しているように見える一方で準備をしているはずです。

あらゆる可能性を考えなければなりません。今までの常識は最早常識ではありません。正にパラダイムシフトが起きるのです。なぜ今まで通りと考えるのでしょうか? と常に問いかけ続けるのです。最悪の事態を想定してシナリオを書きましょう。

シェアオフィスがブームだった景色は一気に消えました。オフィスだって今までの半分でいいじゃないかと思うようになりますよ。

投資も一気に冷めるかもしれません。人手不足もありどんどんアウトソースしてきた業務は、逆に一気に内製化に振れるかもしれません。4月施行の同一労働同一賃金働き方改革関連法案)も従うとすると給与の見直しなども必要なのかもしれません。

こんな時は、今までだったら「そんなのバカげてる」と一蹴されたことを真剣に考えるべきです。誰よりも先にぶっ飛んだことを始めるのです。それができる企業がピンチをチャンスに変えることができ、できない企業が足並みを揃えるように衰退していくのでしょう。

それに日本は例を見ない少子高齢化です。右肩下がりが前提の世界です。日本の所得は先進国ではかなり低く、新興国がひたひたと迫ってきています。物価はめちゃくちゃ安く、外国人にとってはこんなコスパの良い国はありません。為替でもっとバランスをとるか所得や物価をもっともっと上げるかです。デフレ脱却を掲げた安倍政権は成果も出せずにいます。今までの枠組みで考えては解決策など出てこないでしょう。

これからの日本、いや世界で何が起こるんだろうか? 思い切り発想を飛ばして想いを馳せよう。他人事ではないのですよ。

f:id:taka-seed:20200326120756j:plain

セミナーも急遽Webで。外出禁止令に備えておくべき時が来た。

 

『あすこに行くと成長できそう』

皆さんお元気でしょうか。

コロナ禍は終息する見込みは立ちませんね。私が聴講する予定だったフォーラムはWeb開催になり、取締役会も延期になりました。このような中でも、残念なことに地下アイドルのコンサートは相変わらず行われているし、さいたまアリーナではK-1が開催されましたね。自治体に開催取り止めを強制する権限はないと言いますが、明確に要請することはできたはずですね。公式に公表されている感染者の数は約2週間前に感染した数です。少なくなってきたと言って安心してはならないのです。その傾向が2週間、1か月と続いて初めて収束方向だと判断できるはずです。皆さん安心しすぎです。先ほどのようなイベントを開催してしまったら、あっという間に新しいクラスターが出てしまいますね。運不運の問題です。社会全体で終息に向かい努力をしているときに、その成果を運に任せてはなりませんね。できる限り感染を終息させるか、最悪でも拡大を遅らせ、ワクチンや薬がリリースされる時間を稼ぐしかありません。最も好ましいのは、報道もあった既存の薬が効くことが証明されることですね。更にそれがジェネリックであれば低価格で普及でき、どの内科医でも措置できればほぼインフル並みの脅威に抑え込めます。それまでの努力と我慢です。オリパラが予定通り開催されるのは諦めましょう。最短で秋から冬の開催でしょうね。それまでに上記の見込みが立つかどうかは、私たち次第です。

 

さて、今日はスキルの価値について書きますね。

皆さんが働いている職場や会社は、社会で通用するスキルや能力を磨ける場所になっているだろうか? 内輪のムラ社会だけで通用するスキルや能力だけを一生懸命磨いても、価値は低いと言わざるを得ませんね。世の中何処に行っても通用する、というような価値のあるものでなければ自分の存在価値は狭い世界の中のそれでしかないですね。私たちは一生、特定の会社をよりどころにして生きていくのだろうか。自分はそんなつもりはなくても、いつの間にか偏った価値観や偏見やバイアスに侵されてはいまいか。

部下や後輩を育てる日常では、「社会人として」とか「日本では」「グローバルで見て」とか「業界では」とか「X-Techの時代では」とかの枕詞をおいて話そう。ともかく「当社では」「ここでは」ということを前提とする会話は避けた方がいい。日常からそういう癖をつけた会話を心掛けた方がいい。ムラ社会の中の価値観に染まらないように。(言うまでもなく、ここで言う社会で通用するというのは、例えば、一般的な品質水準より当社の基準は厳しいというような、ポジティブなものを否定する意味ではありません)

自社の基準、人事評価や予算、KPIなどは会社の枠を外したら客観的かどうかなんて甚だ怪しい。もちろん、公正に評価するためには何らかの基準が必要だ。だが、それはそのためだけに存在するのであって、世界標準の評価基準でも何でもない。自分が世の中でどれだけ通用するかどうか、価値があるのかどうかとは全く関係ないのです。

自社の中だけで通用するスキルなどを身に着けるより、世の中、特にグローバル視点で通用する(必要とされる、高付加価値な)スキルなどを身につける方が、将来性が間違いなくあります。少なくてもその差を認識し、客観性を失わないように努力することが必要不可欠です。これは自分の損得だけの問題ではないのです。もちろんそうなればキャリアアップのチャンスは明らかに開かれます。しかし、それ以外にもメリットはあるのです。顧客やステークホルダーにたいして、客観的に競争力とは何かという視点で訴求ができるようになりますね。また、価値観が磨かれ、自社を正しい方向へ導くエネルギーになります。チームをビビッドにします。即ち我田引水から解き放たれるのです。

みずほファイナンシャルグループ グローバル人事業務部の日置健太氏は「目指す目標は『あすこに行くと成長できそう』と皆に思われる『場』になること。自分の価値を高めたいと考える人材が集積し、その知見が次世代型の金融ビジネス構築を急ぐみずほの一助になる好循環を目指す」と話します。皆さんの職場やチームが『あすこに行くと成長できそう』と思われるようにするにはどうすればよいのかを、よく考えてほしいと思います。リーダーの日常から変えていこう。

f:id:taka-seed:20200302145221j:plain

研ぐべき爪が割れてきた。20年位前から白い線がずっとあるが、その先端から裂けてきた。皮膚科に行ったらなかなか治らないと言われた(涙)。ステロイドを塗る毎日。爪を研がないと人生の価値は高められないのにな~w



むっつり

f:id:taka-seed:20200315142526j:plain

清々しく健やかに生きようよ。コロナに負けずに(*^^)v

最近どうも気になってしょうがない。歳を取ったからなのかな~??
 
それは「ニコリともしない日本人」だ。
 
赤の他人とのコミニュケーション。例えば、カフェでウエイトレスが、声をかけてくるときを想像してください。
「御注文お決まりになりましたらお声掛け下さい」のシーン。
ニコリともしない客。声も出さない。機嫌が悪いのか、むっつりしたままコクリと首を2センチ動かす。
 
例えば、つい先日。レジでお釣りを受け取らず無言で立ち去る女性。レジ係は慌てて「お釣りですよ~」と声をかける。振り向いた客はむっつりしている。無言でお釣りを受け取り表情も変えず、コクリともせず立ち去っていく。レジ係の人は寂しいだろうな。
 
例えば、エレベーターの中。奥から降りる時に、「降ります」でもなく、「失礼!」でもなく、無言で押す。むっつりしたまま。
 
相手が友達などだと、不自然なほど、媚びを売るように、猫なで声で笑顔で可愛く話す。場違いなほど。友達に捨てられたくないのかな~?
 
何故それほど違うんだろう。
 
そういう人は信じられないな。絶対に好きにならない。同僚や上司にはニコニコとしているが、家に帰ればパートナーに対してはぶすっと機嫌が悪いんだろうな、なんていう想像が付きまとう。悲しいね。
 
礼儀ってなんだろう。
そういう人って、お年寄りなどを労ることができるんだろうか。きっとできないでしょうね。「一瞬の出会いなんて、何の役にもならない」なんていう感じ???
 
それって、日本人の一つの特徴なのかもしれない??? 日本人てなんてダメなんだろう。
 
例外じゃないよ。毎日見る光景だよ(涙)
 

4つのイドラ

何歳になっても、もっと大人にならなければ… なんて反省する毎日です。バイアスまみれで自分勝手で怠惰で愚かだとね。ま、事実は事実として向かい合わないといけませんね。

今日は人間の偏見について少し書きたいと思います。今回も出口さんの書いた「哲学と宗教全史」にインスパイアされ、少し引用しながら書きますね。歴史の知識が乏しい私にとって、この本は正に大人の教科書。大昔に授業で習った断片が少しつながり、実に気持ちの良いものです。

さて、時は1,500年代。

ルネサンスの時代にローマ教会は繁栄から堕落へと落ちていきます。「世俗化や高級聖職者の堕落、そして下級聖職者の無教養などに対する批判が嵩じた」のです。バブッたのですね。ローマ教会のシンボルであるサン・ピエトロ大聖堂を改築しようとしたのですが、資金が不足します。その時に、ローマ教皇のレオ10世が贖宥状(しょくゆうじょう)を売り出したのです。これを所有していれば犯した罪を軽減してもらえる赦免状のようなものだったようです。なんでそのようなことをしてしまったのか? 彼はルネサンスを代表する貴族で、要するに聖職者というよりは美や芸術などの文化を優先してしまい、本来ならば信者の浄財を集めるべきところを心の弱みに付け込んだ、何というか汚いお金を集めてしまったのですね。

その2年後、神学教授マルティン・ルター「贖宥状に対する95か条の論題」を協会の壁面に張り出したのです。「人間の罪を身代わりになって宥(ゆる)すことのできるのは、神のみである」という正論です。それが広がり、聖職者たちの堕落や贅沢に批判的な人々はルターの意見に同調しローマ教会を強く批判しました。

これに対して、神聖ローマ皇帝カール5世がルターに教会を弾劾するのを止めるように迫りました。しかし、ルターはそれを拒否。カール5世はルターを追放したのです。ところが、ドイツのザクセン選帝侯が彼を城に匿ったのです。安全になったルターは、聖書をラテン語からドイツ語に翻訳しました。ドイツから、教会を批判するとともに聖書に返れという大きなウェイブを作ったのです。

ルター派は、ローマ教会が聖書に書かれていないことを勝手にやっていると批判したわけです。常識的、保守的だったわけですね。これが宗教改革です。

歴史の面白いところは、いろいろな事件が新しい流れを偶然のように作ってしまうことです。カール5世はルター派を禁止しました(1,521年)。ところが、既に東ローマ帝国を滅亡させていたオスマン朝は西へと軍勢を進めてきます。カール5世はウィーンを守るために、ドイツ諸侯の力を借りようと帝国議会を開き、ルター派の禁止決議を一時保留にします。ドイツは先ほどの流れで、ルター派だったのですね。ルター派は活気づきます。オスマン朝は冬の寒さによって撤退をし、なんとかウィーンは守られたのです。そうすると、カール5世は手のひらを返し再びルター派禁止決議を強行しようとします。笑っちゃいますね。自分のご都合。イデオロギーの違いで党が二つに割れても、勢力の拡大のためにまたくっつくどこかの国の政党みたいです。ルター派はカール5世に抗議書を送ります。分かりますか? 抗議すなわちプロテストしたので、ルター派プロテスタントと呼んだのです。

ちなみに、ローマ・カトリックは先ほどのように華美で堕落的です。それに対しプロテスタントは質素で禁欲的です。歴史的にカトリックの比率が高い国は、イタリア、スペイン、ポルトガル、更に南米の国々です。プロテスタントの比率が高い国は、ドイツや英国、北欧の国々です。分かりますよね。食事や服装は明らかにその影響を受けているように見えます。

宗教改革を支えた人はもう一人います。それがカルヴァンです。カルヴァン「予定説」を主張しました。「聖職者も領主も一般市民も、すべて聖書や法律の前では平等である」そして、「魂の救済を得られる人は、あらかじめ神によって定められている」と主張したのです。ローマ教会はずっと「死後に天国に行くか地獄に行くか、それは最後の審判の時に決まる。だから生きているうちに善行を積み重ねて、最後の審判にパスをすることが肝要である」「善行を積んだのかどうかを誰が判断してくれるのか。結局のところは、ローマ教会の最高権威者であるローマ教皇です。そうすると教会に土地を寄進したり、お布施をたくさん喜捨(きしゃ)したりする」ことを信じていたわけです。

ところが、「予定説」では、生まれる前から死後の運命が定まっているわけですから、「教会で祈ることもお賽銭を積み上げることも何の役にも立たないことになります」ローマ教会としてはとても困るわけですね。面白いでしょ。

不思議なのは、そうであるなら気ままに生きて信仰深い生き方はしないはずなのに、そうではないことです。「自分たちは選ばれて天国に行くのだから、与えられた天職を禁欲的に務めるのだ信じこんだのです」凄いですね。

この教えは商業や工業にかかわる人々に浸透していきます。ちゃんと聖書を読み学習を旨とする人々です。マックス・ウェーバーは「このようなカルヴァン派の人々の生き方と業績が資本主義の原型を生み出し発展させた」と考えたそうです。これまた面白いでしょ。

話が長くなりました。少しはしょりますね。カール5世は帝国議会を招集し(1,555)、「召集されたドイツ諸侯や皇帝に直結する大都市の代表者たちは、自分の領地でルター派を信仰する自由を認めることを可決した」のです。神聖ローマ皇帝であり、ドイツ王でもあるカール5世は認めざるを得なかったのです。しかし、同じプロテスタントであるカルヴァン派はさらに過激であったために認められませんでした。

このように、時代はルネサンス宗教改革の大波によって大きく動いていきます。「神を絶対視せず、合理的に物事を見つめて考える知性の働きの大切さに、人間が目覚めたからでした」「信仰上位の世界から合理性と自然科学の世界へと時代は踏み出していきます。近代の幕開けです。その先頭に立った思想家が、イングランドのフランシス・ベーコン(1,564-1,642)でした」

彼は帰納法を体系づけた人です。「知識は力なり」と言ったことでも有名です。これはある意味画期的だったのです。神ではなく人間の力にフォーカスしているからです。宗教の力ってずっと凄かったんだと気付きますね。

彼は人間は「偏見や先入観に囚われがちな性格があることを」警告しています。その性質のことをラテン語イドラidolaというのだそうです。アイドルidolと語源は同じだそうで、両方とも偶像とか幻想を表します。

彼は、人間には4つのイドラがあり、それに気を付けないと世界の真実を見逃してしまうぞと警告しているのです。これが実に鋭い。

種族のイドラ 「人間が本来、自然の性向として持っている偏見。対象を自分の都合の良い方向に考えたがる性向です。嫌なことは過小評価する。楽しいことは過大評価する。見たいものしか見ない。そのような性向を指します。」

洞窟のイドラ 「個人の経験に左右されて、ものの見方がゆがむケースです。狭い洞窟から外界をのぞきみるようにしかものは見られないことです。幼少時の悲惨な体験が引いて、物事を悲観的にしか考えられない場合や、社会的経験が少なくて自分を中心とした価値判断しかできない井の中の蛙』もこの同類です。」

市場のイドラ 「伝聞によるイドラともいいます。市場の人混みで耳にした噂話から、事件の真相を誤って理解してしまうようなケースです。」ネットニュースに踊らされてトイレットペーパーを慌てて買い込むのなんかは、典型ですねw。

劇場のイドラ 「別名は権威のイドラです。劇場の舞台で有名なタレントが話したことや、立派な寺院で権威のある宗教家が説教したことを、何の疑いもなく信じてしまうなケースを指します。ありがちな偏見です。」

全て耳の痛い話ですね。これらは現代人への警告にもなっているのです。私たち全員が自分と向かい合って諫めなければなりませんね。

宗教の力は本当に強いのですね。ベーコンの時代にその頸木から逃れて、物事とりわけ人間そして自分に向かい合ったということなのでしょうか。人間は愚かです。4つのイドラはその典型ともいえる偏見です。自分と向き合って、どれほど愚かなのかに気付くところから始めなければなりませんね。

f:id:taka-seed:20190901085211j:plain

聖書に戻れか

 そういえば、友人の結婚披露パーティーで神父役を演じたことを思い出したw

ちなみにカトリックでは神父、プロテスタントでは牧師というのだそうだ。

人生の先細りを避ける

■価値観

そのボディーは「人生観」と「仕事観」だろう。僕たちは価値観の縛られて生きている。だからこそ自分の価値観をはっきりさせた方がいい。自分の行動は何に縛られているのか。何が大切で何がどうでもいいのか… 本業であるコーチとしてのメッセージでもある。

言い換えると「価値観」とは「美意識」だ。何をもって美しいと思うか。実は「会社」という一種の人格も「美意識」で決まってしまうのではないかと思っている。会社には特徴のある独自の美意識がある。それは一種の文化。倫理にも似た精神。僕たちはそれに縛られて会社独自の「〇〇(会社名)」らしさを培っているんだな。きっと。

 

■願望

僕たち人間は皆、「ユニークでいたい」という思いを抱いている。それは健全な個性。自分らしさを出さないとパートナーを得られないし、認められない。それは動物の求愛行動と同じなのかもしれない。

ユニークであることが自分の存在証明なのだ。

同時に、「誰かの役に立ちたい」「何かを与えたい」と自然に思う。「幼気(いたいけ)な子供を抱きしめたい」とも。

すべて、存在証明なのかもしれない。

 

個性の価値

「モノ」や「会社」や「肩書」の価値はどんどん薄れてきた。どうでもいい。

そんなことより、「知識」や「経験」や「行動」や「想い」や「エネルギー」が価値にいなる。そんな時代に突入している。

即ち、「個性」が価値なのだ。

 

マンネリ

いかに価値が高い何かが提供できても、提供する側にもいつかは「飽き」というデモチが襲ってくる。

それを回避する唯一の手段が、上質なインプットを常に追求し、価値を「アップデート」し続けることなのだ。

人生の先細り」は絶対に嫌だ。

 

f:id:taka-seed:20200305171545j:plain

希望にあふれる一年生が眩しい季節がくる。親の価値観を押し付けず好きなことをやらせてほしい。

 

「認知バイアス」の罠

人間は記憶の誤りや擦りこまれたもの、都合の良い真っ赤なウソなどにも縛られている。見たくないものは見えないというのも同じかもしれない。それを「認知バイアス」という。時に法的証拠の信頼性を大きくゆがめたりもする。思い込みを事実としてしまうわけだ。自分の信じている疑いようのない何か、を否定されても頑なにそれを曲げずに、かえって深くそれに閉じこもり、間違いを指摘する人に対して攻撃的になったりもする。某国の大統領の支持者たちも、本人の、すべて自分の指示による結果だというシナリオに染められた「認知バイアス」にまみれていると感じる。もっとも、彼らだけでない。私も含める人間全員が持つ心理なのだろう。

f:id:taka-seed:20200218093125j:plain

最近のランチはこんな感じが多い。子供のころからポテサラにリンゴが入っているのは許せなかった。ところが、出会ったこのサラダにはリンゴが…これが実に美味いのだ。記憶を覆された。これも「認知バイアス」のなせる業かw


PRESIDENT Onlineの「『グレタ・トゥンベリは生理的にムリ』と話すオジサンの主張」が納得の主張をする。「『そもそも、気候温暖化を否定する考え方は、近代の工業資本主義を推し進めた男性優位的なアイデンティティと深く絡んでいる』と米国のオンライン経済メディアQuartzは指摘している。」「自然を征服し、大量生産・消費によって、生活を向上させるという近現代の工業システム。グレタさんは、そうしたマッチョな資本主義のシステムを否定したわけだが、同時に、『(その主な担い手たる)男性の信念、価値観を攻撃し、その『自尊心』を傷つけた』(Quartz)のである。その結果として、『自己防衛本能としての反射的怒り』を買ったというわけだ。」なるほど。よく分かる。

グレタさんの主張は正しい。ただし、いかに正しかろうが、「『自分は正しく、あなたは間違っている』と、自らの主張の正当性を示し、相手の間違いを指摘し、批判する手法は、科学的エビデンスをもってしても、決して、説得に効果を持たない。」となってしまう。そうだよな。納得。

これが、すべての人間が持つ“脳の癖”「認知バイアス」のなせる業なのである。

「我々はある意味、全員が環境破壊、気候変動の共犯者たちだ。それに気づきつつも、生活や生計や生存を優先させ、不都合な真実に目をつむってやり過ごしてきた気候温暖化を認めることは、自分たちの非を認めることになる。」

人間は本質的に「認知バイアス」との闘いなのだ、と理解しよう。バイアスまみれの自分と向き合い、客観的に自分を見よう

f:id:taka-seed:20200218093530j:plain

これはローストビーフバージョン。これにもリンゴがw

 

 

 

 

 

 

 

 

ポスト会社の決意にエール!

■ポスト会社は40代から?

ポスト会社、即ち会社生活が終わった後のこと、をいつ考えればよいのでしょうか。50代それも中盤から後半に、現実の課題として見えてきた時から考え始める人が多いのではないでしょうか。それでは遅すぎるという本を読みました。彼の指摘は、「50代はポスト会社を見据えた過ごし方、時間の使い方をしないと、ビジョンも構想もなく、ロクな準備もしないままポスト会社に突入してしまうからです。40歳前後で、30代までに培ってきた経験・知見をもとに」自分と向き合い「40代・50代をその実現のためにどう過ごすのか、どんな経験を積み、どんな知識・スキルを身に着けたらよいかをきちんと考えるべきです」です。

素晴らしい指摘だと思います。ちゃんと考えちゃんと準備をした方がいい。少し自分なりに整理してみますね。

①どういう人生を送りたいのか?

②何のため、誰のために働くのか?

③どんな時に最も充実感を感じるのか?

というようなことを、真剣に自分の本心と向き合って考えることがまず第一に必要不可欠です。できればそれを文章に落とし込みましょう。自分の琴線に触れるように練りに練って書き下しましょう。それが今後の自分の人生の「」になるからです。いつも「そうだよな、僕はそんな人生を送りたいんだったよな」って思い出すのです。

そうしたら、

④そのために学ぶべきことは何なのか?

⑤学びたいことは何なのか?

⑥それには資格など要件はあるのか?

⑦必要な時間や費用は?

⑧道を教えてくれる人、仲間、メンターはいないのか?

などを考えることが重要ですね。ポスト会社をスタートするためには、大きなコストや時間を要する場合もあるのです。思い立ったときにすぐに、新しい仕事をスタートすることができないものもたくさんあるのです。

もしかすると、その道を描くためにその準備も兼ねられる転職をした方が良い、などという選択肢だってあり得ますね。

日々の仕事に執着すれば、時間だって限られるし、準備の時間もかかるでしょう。40代にちゃんと考える、という意見はよく分かります。

 

■旬がある

しかし、「もう遅い」なんて落ち込む必要は全くありません。以前に書いた通り「Life Design」にもう遅いなんて永遠にないのです。何歳になろうが、自分の人生はデザインし直せるのです。

言えることは、なし崩し的にポスト会社に突入しないことです。能力やモチベーションや時間が無駄になったり空回りした人生は、虚しいものだと思います。自分でもきっと嫌でしょう。もぬけの殻みたいに急に老け込んだりしたくはないですよね。

真剣に考えたくなる“旬”のような時期があるはずです。問題はその旬を逃さず真剣に自分と向き合うことです。その時は寸暇を惜しまず真剣に考えるべきです。必要な行動に取り組むんです。人間「ケツカッチン」になった時に爆発力を発揮するものです。夏休みの終わりになってやる宿題や、試験間際の一夜漬けの経験がそれですね。ただし、それでは身につかなかった、という記憶もあるはずですね(笑)。そう、やればできるけれど、ベストではないのです。最悪は、旬をも逃してしまうことです。

私などは、遅く来た旬を逃さず前職の時から準備をして、何とか起業した口です。前職の末期に気付き、現役の時からメンターやコーチを引き受け、志を確認しセンスを磨いてきました。それが、決意・覚悟を生み、退職半年弱前に起業を決意したわけです。

コーチ業をスタートした人たちの多くは、多くの時間や費用を投じ準備していますね。私の知り合いにも何人もいます。私のように一気呵成にスタートした人などほとんどいません。そういう意味ではロールモデルにはなりませんね。運が良かったということでしょう。

重要なことのもう一つは、友人などの人脈です。会社勤めの時からの知り合いがいろいろ助けてくれました。アドバイスをくれたり、紹介してくれたり、他社で働いている友人がワンタイムの仕事を発注してくれたりもしました。SNSでつながっていることも役立ちました。そんなことは想像もしていませんでした。「清水さん会社を辞めて再就職せずに起業するんだって?」「だったら紹介したい人がいる」という調子です。

 

■第二の人生にエールを

このブログを書いたのは、友人から手紙をもらって思いついたからです。その友人は前職の同僚でした。先日会社を退職して、雇用延長せずにある仕事を始めるというものでした。昨年学び、試験を受け資格を取り、まもなく新しい仕事をスタートするとのことです。私同様人にかかわる仕事です。これからの日本にとって大変価値のある仕事です。今までの経験やスキルが直接的に活きるとは思えません。そういう意味で大きなチャレンジです。しかし、情熱さえあればできると信じています。

人間は、学び挑戦し続けるということをしないと、待っているのは衰退です。誰かの役に立ちたい、社会の役に立ちたいなどという「利他心」が恐らく背中を押すでしょう。同時に自分自身が楽しめないとだめです。収入や肩書なんてまるで関係ない。自分を必要としている、自分が役立てると思っている、というような直感ともいうべき感覚を大切にした方が良いと思います。

活躍をお祈りします。

f:id:taka-seed:20200218091725j:plain

最近のランチ。初めて入ったカフェは明らかに新しい顧客層を狙っているのが分かる。女性だけで営まれているそのお店。チャレンジャーだね。

 上記の写真の黄色いライスに見えるものは「クスクス」なのですが、恥ずかしながら「クスクス」とは何かをよく知りませんでした。健康的だとか聞くので、「粟」のような穀類かと思っていました。北アフリカ発祥の小麦のパスタだったのですね。糖質オフには適しませんねw